血糖管理について学ぶ

ご存知ですか?夜間低血糖

夜間低血糖とは、睡眠中に現れる低血糖のことを示します。

夜間低血糖とは?

低血糖は通常自覚症状があるため、気づいたときにブドウ糖などを摂取することで対処できます。しかし睡眠中の低血糖は自覚症状があらわれにくいため、捕食やブドウ糖の摂取が遅れて重症化する場合があります。夜間低血糖を防ぐには、予防と早めの対策が重要です。

CGM検査の装着イメージ

1)、2)
1)Goto A et al. J Am Heart Assoc 2016; 4(3): e002875
2)Lin CH, Sheu WH. J Intern Med 2013; 273(1): 102-110


夜間低血糖の原因と発見のヒント

考えられる原因
こんなときに疑われます

夜間低血糖を調べるために

血糖自己測定器を用いる方法

お手持ちの血糖自己測定器で、夜間に数回血糖を測ります。
測定のために起きなければならない、測定時以外の低血糖は発見できないなどの制限はありますが、比較的手軽に試すことができる方法です。
CGMを用いる方法

SMBG測定に加え、お腹などに専用のセンサを装着することで、最大6日間連続で血糖の日内変動とその傾向をみる検査です。24時間自動で測定してくれるため、無自覚低血糖や夜間低血糖の時間とタイミングを正確に把握できます。
SAPを用いる方法
パーソナルCGM機能を掲載したインスリンポンプ(SAP)を用い、リアルタイムに日内変動とその傾向を確認する方法です。
インスリンポンプの使用が必要なこと、医療費などの条件はありますが、リアルタイムの確認・対処ができるため、血糖コントロールに有効です。
また、低グルコースの際にアラートでお知らせしてくれる機能を備えたポンプでは、低血糖に気づくのが早くなる、未然に防止できるなどの効果も期待できます。

これまで気づかなかった低血糖をみつけたら

かかりつけ医療者の方と一緒に、 治療や生活習慣について振り返りましょう



注意!
本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。
病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

病院検索

血糖管理について学ぶ

検査や治療法について学ぶ

スペシャルコンテンツ