検査や治療法について学ぶ

10代の患者さんと保護者の方へ

もっと自由に

授業中、食事中、お友達との時間も楽しく
かんたんなボタン操作により人前で目立たずにインスリン注入ができます。
かんたんに細かくインスリン注入ができ、途中でインスリン注入を中止することもできるため、お友達との食事なども安心して楽しめます。
ちょっとでも注射の回数を少なく、あなたらしい生活を…
インスリン注入のための針を刺す操作は2〜3日に1回の頻度です。*
取り外しもかんたんにできるため、お風呂やプールに入ることもできます。
*1日4回以上の血糖自己測定は引き続き行ってください

もっとあなたらしく

あなたに合わせたインスリン注入を可能に
基礎インスリンを時間ごとに細かく設定できるため、高血糖や低血糖などの血糖変動を安定させることが可能になり、月経周期や成長期などのホルモンバランスの変化や、シックデイへの対応も期待できます。
生理的なインスリン分泌イメージ
部活動や、急な外出なども安心
基礎インスリンを必要なタイミングで増加減することができるため、部活動、急な予定変更など、場面に合わせたインスリン量の変更が可能になります。
低血糖リスクの軽減
インスリンポンプは重度低血糖イベントリスクを最大85%まで低減させることが報告されています。1

インスリンポンプ療法が選ばれる理由とは?

食事や運動、学校生活に合わせた治療が可能になります
多彩なメニューにより、ニーズに合わせたインスリン注入や停止が可能になります
重篤な高血糖や低血糖予防に繋がります
糖尿病の合併症リスクを軽減させます

注意!
本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。
病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

参考文献:

  1. 1. Bode BW, Steed RD, Davidson PC. Reduction in severe hypoglycemia with long-term continuous subcutaneous insulin infusion in Type 1 diabetes. Diabetes Care. 1996;19:324-327

病院検索

血糖管理について学ぶ

検査や治療法について学ぶ

スペシャルコンテンツ